セーター・ニット クリーニング料金比較!安くて上手なお手入れ方法

ニットの袖

作成

セーター等ニット製品は冬には必須のトップスですね。薄手のものなら秋から春まで長い期間着るものもあるでしょう。

普段着のセーターだけでなく、おしゃれなデザインやフワフワ素材の高級ニットなど、複数のニットを持っている人も多いと思いますが、洗濯の仕方やクリーニングに出す意味、日頃のお手入れ方法をしっかりと理解していますでしょうか?

ニットは、においがつきやすいデメリットや洗濯に失敗すると縮んでしまうリスクもあります。

そこで、ニットの上手なお手入れ方法と、安く賢いクリーニングの利用方法をご紹介します。

ニットのお手入れ方法の基本

ニット類は、靴下や下着のように、1日着たら洗濯機で洗うという単純なものではないので、お手入れ方法は、他の衣類に比べるとちょっと特殊です。

1日着たらどうする?

ニットは毎回洗う必要はありませんが、毎日着続けると傷みが早くなります。

1日着たら、湿気をとるために風通しの良いところにかけて、2,3日以上あけてローテンションするほうが長持ちさせることができます。

においがついたらどうする?

ドライヤー
ニットは細い繊維が絡まりあってできている為、たばこの煙や焼き肉の匂いなどがつきやすい性質があります。

においがついてしまったら、使い終わった浴室にかけておくと、空気中の水分がにおいをとってくれます。

もしくは、ドライヤーの熱と風でにおいを吹き飛ばす方法も効果的です。

ほこりや油で汚れが付着している場合は、クリーニングに出す必要がありますが、ちょっとにおいがついただけであれば、早めのケアで意外とにおいを取ることはできます。

毛玉がついたらどうする?

毛玉をとるはさみ
ニットはこすれると毛玉ができてしまいます。セーターの袖やわきの下、鞄をかけている肩、椅子の背もたれが当たる腰回りなどに毛玉ができやすいです。

毛玉がついていると見た目がよろしくないので、時々チェックして、毛玉をとるようにしましょう。

100円ショップ等で毛玉取り器が売っていますし、ガムテープやスポンジ、はさみなどでとることができます。

あまり強くこすったり引っ張ったりすると生地が傷みますので、気をつけてお手入れしましょう。

少し面倒な作業ではありますが、一網打尽できるような裏技はないので、地道にやるしかありません。悪化しないうちにこまめに毛玉取りをするのがよいでしょう。

クリーニングサービスによっては、無料で毛玉取りをしてくれるところもあるので、面倒な人は、上手く活用するのもひとつです。

縮んだらどうする?

「自宅でセーターを洗ったら縮んでしまった」そんな経験は多くの人があるのではないでしょうか?

私も、買ったばかりのセーターはクリーニングに出すのですが、着古してくると、「自分で洗ってみようかな?」と思い、だいたい失敗します。

セーターが縮んでしまった場合、トリートメント液につけると元通りになるなどの裏技があるようですが、繊維が絡まりあったしまった場合などは、プロでも元に戻せないこともあるようです。

どうしても直したい場合は、衣類の修繕サービスを行っている業者に見てもらうしかありませんが、手間とお金は覚悟する必要があるでしょう。

なので、基本的には、縮んでしまったセーターを元に戻すことはできないので、縮ませないように気をつける必要があります。つまり、安くて信頼できるクリーニングサービスを見つけることがよいですね。

クリーニング代の料金相場と価格比較

ニット製品のクリーニング料金は、素材と付属品などによって微妙に変わってきます。

一番安いのは、ウール、コットン、レーヨン、ポリエステルなどの一般的な素材で、装飾品がついていないシンプルなデザインのモノです。

ピーズヤフリルや革の当て布などがついていたりすると数百円程度の追加料金が取られることがあります。

また、素材では、カシミア、アンゴラ、アルパカ、シルク、リネンなどの割合が多いと、上質素材として、デラックスとか丁寧洗いコースとしてクリーニング料金が高くなる傾向があります。

ニットの料金相場を知るために、料金公開をしているクリーニング店の料金をまとめてみました。

白洋舎セーターオリジナル料金(お持込)550円
セーター高級ブランド・素材別料金(お持込)1,050円
ホワイト急便宇部セーター基本料金 450円
セーター汗抜き 650円
セーターハイクラス 900円
うさちゃんクリーニングセーター通常 389円~
ポニークリーニングセータースタンダード 450円
セーターデラックス 810円

ニットクリーニング料金の相場観としては、通常クリーニングで500円位、上質素材のクリーニングで1000円位のようです。

それほど高くはない料金ですね。

クリーニングの効果を知って、必要なタイミングでクリーニングにだして、いい状態で長く着られるのがよいですね。

ニットをクリーニングに出さないのはありなの?

驚き
実はニット製品はそんなに頻繁にクリーニングに出さなくても大丈夫なのです。

先にご紹介したお手入れ方法をまめに行うことと、なるべく汚れないようにすればいいのです。

セーターであれば、吸水力のあるインナーの上に着ることで、直接汗を吸って汚れることも少なくなります。

着用頻度に寄りますが、ワンシーズンに1~3回位洗えれば十分、キレイに過ごせるでしょう。

あまり頻繁に洗うことはおすすめしません。洗濯でもクリーニングでも回数が増えるほど傷みやすくなるからです。

長く着るためには、洗うことよりも、「いかに洗わないで済むようにするか?」を考えて、お手入れをするとよいでしょう。

なので、ニットを家で洗うのは、あまりよくないと思っています。
洗濯機で洗う

縮んだり、風合いが悪くなるリスクを冒して、手間をかけて、おしゃれ着荒い洗剤を買って、心配しながら洗うよりも、おしゃれ着洗剤を買うのと同じくらいの料金で、安心してクリーニングに出したほうが、確実です。

自宅で何回も洗うのではなく、極力少なくクリーニングに出すほうがいいという考えです。

安く賢いセーターニットのクリーニング利用方法

ニットを着た女性
私は、以前は、おしゃれ着用洗剤で洗濯機でセーターを洗っていました。確かに、極端に縮むことはなかったのですが、洗濯するたびにダメージ受けている感じはありました。

そんなとき、宅配クリーニングリネットのリファイン加工で、カシミアのセーターをクリーニングしてもらってみて、とても驚いたんです。

手触りが、購入したときのようなふっわふわになって帰ってきました。

まるで、買い替えたみたいです。

普通のクリーニングだと、いかにもクリーニングしましたという感じの仕上がりで帰ってくることがありますが、リネットは全く違っていました。

ちゃんとクリーニングしてもらうと、ここまで違うのか!という感じです。

なぜ、こんなにふわふわなのかというと、通常の洗浄だけでなく、髪の毛でいうところのコンディショナーのようなお手入れをしてくれているとのこと。

これなら、またしばらく、新品のような状態でふわふわのニットを着られます。

なるべく汚さないように日頃のお手入れをして、最小回数でリネットに出すのが、ニットを一番長持ちさせられるのではないかと思っています。



毎月、セーターをクリーニングに出すとなると、料金の高さが気になりますが、ワンシーズンに2,3回であれば、そこまで高くはなりません。

まめに洗濯をしているのに、ニットの風合いがいまいちという人は、頻度少なめの高品質なクリーニング方法を試してみてはいかがでしょうか。

お気軽に共有してください♪



厳選!おすすめのクリーニングサービスはこちら

宅配クリーニング リネット

初回全品30%OFF+送料無料
お得に宅配クリーニングを試せる!
ワイシャツ(つるし) 290円⇒203円
パンツ/スーツ下 660円⇒462円
今ならプレミアム会員費2カ月無料
細かい心配りが便利!普段使いでお洋服のケアをするなら、こちらがおすすめです。
  • 出したい衣類だけ依頼できる個別料金制
  • 業界最速!最短2日で届く
  • 住所と連絡先等を入力するだけの簡単注文
  • しみ抜き&ワイシャツ抗菌防臭加工&手玉取り&毛取り無料
  • 有名アパレルブランドとのコラボ多数なのは品質信頼の証
  • 初回無料のプレミアム仕上げは新品のような手触りに感動!試してみる価値あり
実際に宅配クリーニングに依頼してみました!
→「リネット」体験レビュー
宅配クリーニング「リネット」の即日申込の詳細↓

宅配クリーニング リナビス

初回限定!お試し5点&ポイント10倍
料金体系が分かりやすくて安心!
5点5,900円※1点あたり1,180円(税別)
往復送料無料
最長6カ月保管サービス(無料オプション)
コートなど5点をお得に宅配クリーニングするなら、こちらがおすすめです。
  • ほつれ修理&しみ抜き&毛玉取り&再仕上げ無料
  • 55年の老舗を支える田舎の熟練職人による高品質なクリーニング
  • 高級衣類のクリーニング経験豊富
  • 「お客様の洋服をキレイにしたい!」人情味あふれる老舗企業
  • お客様との信頼関係が自慢
リナビス運営責任者の東田店長にお会いしてきました!
→リナビスってこんなクリーニング屋さんです
宅配クリーニング「リナビス」の即日申込の詳細↓
おすすめクリーニングトップ > セーター・ニット クリーニング料金比較!安くて上手なお手入れ方法

参考記事