モンクレール(Moncler)のダウン クリーニング料金や方法

モンクレールHP

作成

モンクレールは、高級ダウンの人気ブランドです。

クリーニング店に依頼すると、料金が高かったり、時間がかかったり、「うちでは扱えない」と断られることもあるでしょう。

そこで、モンクレールのクリーニング知識と上手に安くクリーニングにだす方法をご紹介します。

モンクレールの特徴

モンクレール(Moncler)は、フランスで創立されたファッションブランドで、登山家の要望に応えるために防寒着の研究を続けてきました。

モンクレールのアイテムの中ではダウンジャケットが特に有名で、品質においては、フランス規格協会から「キャトル・フロコン」という特別な称号を与えられています。

機能性が高いダウンは、希少なグースの産毛を使用している為、大量生産ができません。それに加えて、そもそもの人気も高いため、定価でも売り切れることは珍しくありません。

日本では、元SMAPの木村拓哉さんがCMで着用したことで注目を浴びたり、モンクレールのダウンジャケットを納品すると偽った詐欺事件が発生するなど、人気ゆえに話題をあつめることが度々起こっています。

モンクレール公式サイト:https://www.moncler.com/jp/

ラインナップ

メンズ

アルフレッド(ALFRED)/オーベール(AUBERT)/バルトロメ(BARTHOLOME)/バジーレ(BAZILLE)/バーモント(BEAUMONT)/ボローメ(BORROME)/ブランソン(BRANSON)/ブレスル(BRESLE)/ブルガリ(BULGARIE)/シャトリューズ(CHARTREUSE)/シェバル(CHEVAL)/シュヴァリエ(CHEVALIER)/シメイ(CHIMAY)/ドミニク(DOMINIC)/ドルドニャ(DORDOGNA)/ユーセーブ(EUSEBE)/エヴァー(EVER)/エベレスト(EVEREST)/ガストン(GASTON)/ギュイエンヌ(GUYENNE)/ヒマラヤ(HIMALAYA)/ヒュベール(HUBERT)/ヒマレイ(HYMALAY)/ケーツー(K2)/k2スペシャル(K2SPECIAL)/カラコルム(KARAKORUM)/コラム(KORUM)/ロアラック(LOIRAC)/マヤ(MAYA)/モンジュネーブル(MONTGENEVRE)/モンペリエ(MONTPELLIER)/モンセラ(MONTSERRAT)/ネストル(NESTOR)/ノアール(NOIR)/レセル(RETHEL)/ロッド(ROD)/ロミュアルド(ROUMUALD)/チブ(TIB)/チベット(TIBET)/ベニス(VENIS)/ベルコール(VERCORS)/ヴィルジル(VIRGILE)/ジン(ZIN)/

レディース

アルベルタ(ALBERTINA)/アルピン(ALPIN)/アルモワーズ(ARMOISE)/アステール(ASTERE)/バディア(BADIA)/バディ(BADY)/ベルジュラック(BERGERAC)/セル(CER)/シェリー(CHERY)/シリエ(CILIEE)/クレア(CLAIRE)/クレリー(CLAIRY)/フラム(FLAMME)/フラゴン(FRAGON)/ジュヌヴィリエ(GENEVRIER)/ジェルボワーズ(GERBOISE)/ジェス(GESSE)/ガーニー(GHANY)/エルミファー(HERMIFUR)/エルミンヌ(HERMINE)/ルイサンテ(LUISANTE)/メラニー(MELANIE)/モカ(MOKA)/モンタナ(MONTANA)/ナンテス(NANTES)/ナンテスファー(NANTESFUR)/ファランジェール(PHALANGERE)/プレーヌ(PLANE)/クインシー(QUINCY)/レヌー(RENNE)/サングリエ(SANGLIER)/セール(SERRE)/バレンティーヌ(VALENTINE)/ヴァンヌ(VANNE)/

モンクレールダウンのクリーニング方法

ダウンは水洗いをすることが基本となりますが、通常のクリーニング水洗いとは別にダウン専用の水洗いをしてくれるクリーニング店もあるようです。

ダウン製品の中に入っている羽毛についた汗をしっかりと落とし羽毛本来の油分は落としすぎないように気をつける必要があるので、プロによる洗浄が必要です。

また、洗いあがったダウンの乾燥作業では、羽毛の絡まりや偏りを解消してふっくらとしたボリュームを再現していきます。

これらの作業で失敗すると、保温機能が落ちてしまったりするボリューム不足でペタンコのダウンになってしまうことがあります。

高級ダウンのクリーニングは職人の手作業なので、繊細な技術を必要とする手間暇のかかる作業なのです。

モンクレールダウンクリーニング料金比較

モンクレール等の高級ダウンは、クリーニング店のメニューには掲載されておらず、特別料金となっていることも多いのですが、実際にクリーニングするといくらかかるのか?料金公開がされている情報をまとめてみました。

トータルファッションメンテナンス
はなこや
ダウンジャケット(ショート・ハーフ)8,000円
ダウンコート(ミドル・ロング)10,000円
ダウンベスト6,000円
※税別
クリコムダウンベスト7,800円
ダウンジャケット9,000円
ダウンコート10,000円
プレミアムメンテナンスコース(撥水加工付き)
クリーニングショップ中村ロングサイズ 8,000円
ジャケットタイプ 6,000円
モリモトクリーニング 高級ダウンベスト デラックス 3,600円
高級ダウンジャケット デラックス 6000円
高級ダウンコート・ロングコート デラックス 7,200円
クリーニングのアキレイダウンジャケット・半コート丈 8,500円
ダウンコート丈 9,500円
ブランドダウンクリーニング クレアンダウンコート 10,000円
ダウンジャケット 8,000円
ダウンベスト 6,000円

相場としては、5000円前後で、10,000円近くかかる場合もあるようです。かなり高額になるのは確かなようです。

※価格を調査したのは、2017年10月です。料金は変更なっている場合もありますので、詳しくは各クリーニング店にてご確認ください。

おすすめのクリーニング方法ご紹介

高級ダウンのクリーニングが高めであることは仕方がないにせよ、料金がはっきりと決まっていない店舗では、追加料金を言われる不安もありますね。

そして何よりも、失敗せずにちゃんとクリーニングしてくれるかどうかが一番心配です。

クリーニング代もそうですが、洋服本体の価格が安いものではありません。大事に着ているものであれば思い出もつまっているので、長く着たいものですよね。

そこで、おすすめなのが、料金が明確でモンクレールなど高級ダウンのクリーニングが得意な宅配クリーニングサービスの「リナビス」です。

リナビスは、どんなコートでもジャケットでもパック料金になっているので、追加料金の心配がありません。

また、職人の技術を強みにしてして、全国からモンクレールなどの高級ダウンが集まってきている為、豊富なクリーニング処理経験があるのです。

高級ダウンのクリーニング経験が少ない店だと、料金も高くなり技術にも不安があります。

技術のあるクリーニング店なら、洋服はきれいになってヨミガエルものです。

大事な洋服は、安心して任せられるクリーニングサービスを選ぶことをおすすめします。

お気軽に共有してください♪



厳選!おすすめのクリーニングサービスはこちら

宅配クリーニング リネット

初回全品30%OFF+送料無料
お得に宅配クリーニングを試せる!
ワイシャツ(つるし) 290円⇒203円
パンツ/スーツ下 660円⇒462円
今ならプレミアム会員費2カ月無料
細かい心配りが便利!普段使いでお洋服のケアをするなら、こちらがおすすめです。
  • 出したい衣類だけ依頼できる個別料金制
  • 業界最速!最短2日で届く
  • 住所と連絡先等を入力するだけの簡単注文
  • しみ抜き&ワイシャツ抗菌防臭加工&手玉取り&毛取り無料
  • 有名アパレルブランドとのコラボ多数なのは品質信頼の証
  • 初回無料のプレミアム仕上げは新品のような手触りに感動!試してみる価値あり
実際に宅配クリーニングに依頼してみました!
→「リネット」体験レビュー
宅配クリーニング「リネット」の即日申込の詳細↓

宅配クリーニング リナビス

初回限定!お試し5点&ポイント10倍
料金体系が分かりやすくて安心!
5点5,900円※1点あたり1,180円(税別)
往復送料無料
最長6カ月保管サービス(無料オプション)
コートなど5点をお得に宅配クリーニングするなら、こちらがおすすめです。
  • ほつれ修理&しみ抜き&毛玉取り&再仕上げ無料
  • 55年の老舗を支える田舎の熟練職人による高品質なクリーニング
  • 高級衣類のクリーニング経験豊富
  • 「お客様の洋服をキレイにしたい!」人情味あふれる老舗企業
  • お客様との信頼関係が自慢
リナビス運営責任者の東田店長にお会いしてきました!
→リナビスってこんなクリーニング屋さんです
宅配クリーニング「リナビス」の即日申込の詳細↓
おすすめクリーニングトップ > モンクレール(Moncler)のダウン クリーニング料金や方法

参考記事