フランス屋(クリーニング店)の口コミ・評判の紹介

情報

作成

フランス屋は、「会員数30万人以上!!安心の品質 選ぶ時代の選ばれるお店」というキャッチコピーを掲げていて、アイロンの形をしたロゴマークがおしゃれなクリーニング店です。

実店舗は、大阪・兵庫・和歌山・奈良・三重に展開しており(2017年9月時点)、宅配クリーニングや保管サービスも手掛けています。

外観や販促物は、フランスという名前にしているだけあって、トリコロールカラーである、紺・白・赤を使った、カッコいいデザインのものが目立ち、洋服をパリッと仕上げてくれそうなイメージがしますが、実際にはどのような評判の声があるのかまとめてみました。

シミの抜きの技術がすごい!浴衣がきれいになって戻ってきた

かなり酷いしみがついてしまった浴衣です。ここまで真っ黒くなっていたら、諦めて処分してしまう人も多いと思われるような状態ですね。

それなのに、さすがプロのクリーニング技術です!

家で手洗いしたり、染み抜きの豆知識を駆使しても、ここまでキレイにすることは難しいでしょう。

洗濯自体は家庭でもできるので、わざわざクリーニング屋さんにお願いしなくても・・・と思うこともありますが、こういうピンチのときは、本当にたすかりますね。

素人判断で、これはもう駄目だなと思うような衣類も、念のため、クリーニング屋さんにみてもらうと、案外元通りにできるのかもしれません。

頼れるサービスは、どんどん活用するとよいですね。

おしゃれすぎるクリーニング屋さん

「フランス」というと、フランスパンのイメージが強いので、パン屋さんとか輸入食品などを思い浮かべてしまいます。

一方、クリーニング屋さんのイメージはというと・・・風に揺れるシャツとか水滴とか。まぁ水色系で、さわやかだけど、地味目な感じかと思います。

ところが、クリーニングのフランス屋さんはとってもおしゃれですね。

おしゃれな洋服は、おしゃれなクリーニング屋さんに出したい気がします。

遅い!がっかりする!クレームにつながりかねないミス

クリーニングを依頼したときに、受付担当が新人さんだったり、混んでいたりするとありがちな事例ですね。

順番に処理をしていくことはわかるのですが、クリーニングできるのかどうかの確認は、早めにしてもらいたいものです。

今回は事なきを得たようですが、結婚式に着ていくスーツとか、旅行に着ていこうとしていたコートなど、仕上がり期日が遅れると困るものの場合、大きなクレームにつながりかねません。

このような場合は、意外と、宅配クリーニングサービスのほうが、窓口体制が整っているかもしれません。ただし、配送の時間があるので、それを踏まえて考えないといけませんね。

忙しい人の味方!24時間営業のクリーニング店

近所に24時間営業のクリーニング屋さんがあると、なにかと助かりますね。

コンビニくらい需要があれば、あちこちにこういうクリーニング店ができそうですが、現実はなかなかむつかしいでしょう。そこまでの市場規模はないですよね。

でも、配送サービスが充実してきているので、宅配クリーニングは、24時間営業にかなり近い形になってきていると思います。

営業時間が9時から18時まで等というクリーニング屋さんも多いですが、電車通勤で働いている人には、ほぼ利用不可能な時間帯でしょう。

かといって、朝と夜だけ営業するのも、クリーニング屋さんの負担が大きすぎます。難しい問題ですね。




一押しの宅配クリーニング


おすすめクリーニングトップ > フランス屋(クリーニング店)の口コミ・評判の紹介

参考記事