衣替えしない人の衣類の収納方法のコツ

ジャケット

作成

日本は四季の変化が大きい国なので、1年を通すと着る服が大きく変わります。

夏はTシャツ1枚で過ごしますが、冬は、インナー・シャツ・セーター・コートと重ね着をするので、衣類の数も多くなりますね。

なので、クローゼットの中身を季節ごとに衣替えするのが当たり前の習慣となっている人もたくさんいると思いますが、最近は、断捨離やミニマリストという持ち物を減らすことが流行っていることもあり、衣替えをしない人も増えているようです。

衣替えをしない人たちは、どのように衣類を収納しているのでしょうか?

手持ちの洋服を把握する

クローゼットの大きさは限られてくるので、着ない服を手放し、手持ちの洋服を把握することが大切です。

所有するだけの不要な服が、クローゼットの奥の方に押し込められていると、場所をとるだけでなく、カビやほこりの温床となっることもあります。

クローゼット扉が毎日開け閉めされ、程よく風が巡回し、時々着て、洗濯されることで、衣類は清潔さを保っています。

このようなローテーションができるように、手持ちの洋服の数を収める必要があります。

似た様な役割の衣類は気に入っているものを厳選して、あまり来ていないものを手放すのもよいでしょう。

1回でも着ると、クリーニングに出さずに収納しておくと汗や汚れの部分がしみになったり虫食いの原因になったりしてしまいます。

把握できない量の洋服を持っていても、どうせファッションを楽しめないですし、余計な場所とお金がかかるだけです。

クローゼット内でエリア分けする

ハンガーかけの衣類であれば、季節ごとに着る服を左右に分けたり、畳んで収納する衣類は、引き出しごとに分けたりして整理をします。

衣替えの時には、それらの位置を変えるだけです。

使いにくい一番下の引き出しや、引き出しの奥の方のエリア、ハンガーの端っこなどには、オフシーズンのものを収納し、使いやすい手前に現シーズンのものを収納するようにします。

また、どうしてもの収納できないものは、衣装ケースなどに入れてクローゼットのそばに収納する方法もあります。

収納しきれない衣類は保管サービスへ

あと少し手持ちの服の数が少なければ、クローゼットの出し入れがしやすいのに・・・こんな悩みを持っている人も多いでしょう。

こんな時には、オフシーズンの衣類の中でもかさばるものや使用頻度が極めて低いものを、クローゼット以外の場所に保管する方法もあります。

例えば、浴衣、コート、厚手のセーター、スーツなどです。

春や秋という中間の季節に着る衣類や、温度調整に便利な羽織系のカーディガンなどは、季節外れの、暑すぎたり寒すぎたりする日に活躍するので、いつでも切れるようにしておくと便利ですが、浴衣や真冬用のコートは、シーズン本番にならないと着る機会はありません。

その間、ただ保管しておくだけであることがはっきりとしているならば、家のクローゼット内で場所をとってしまうよりも、保管サービスを利用する方法があります。

クリーニングにだしてそのまま保管してくれるサービスもありますし、トランクルームのような貸し倉庫スタイルの置き場所サービスもあります。

荷物が大量にある場合は、トランクルームの利用のほうが、たくさん詰め込めて便利な場合もありますが、数点の衣類であれば、クリーニング屋さんの保管サービスがおすすめです。

スポンサードリンク
おすすめクリーニングトップ > 衣替えしない人の衣類の収納方法のコツ

参考記事